障害年金

障害年金制度の内容や受給額などについて

パニック障害は、心身症のなかではあまり重症なほうではありません。
しかし命の危機を感じるほどの激しい発作、1人で外出するのが怖くなる、仕事が満足にできなくなるなど、肉体的にも精神的にも大変な苦痛を強いられることには違いありません。

生活に大きな支障がでるパニック障害ですが、果たして障害年金の受給対象になるのでしょうか。制度の内容や受給額などについても説明します。

障害年金には2種類あります

病気やケガをしたために障害が残った場合、労働が不可能になる場合があります。
労働ができなくなると収入が得られなくなり、日々の生活を送ることができません。

このような場合、障害者の生活を支えるための年金が支給されます。
この年金制度のことを障害年金といい、障害厚生年金と障害基礎年金の2種類があります。

障害厚生年金と障害基礎年金、それぞれどんな特徴があるのかを下記で説明しましょう。

障害厚生年金とは

障害厚生年金は、病気やケガによって、障害が残った場合に支給される年金です。
支給の対象となるのは厚生年金の加入者であり、障害認定日に障害等級に該当する障害があれば、年金または障害手当金を受け取ることが可能です。

障害基礎年金とは

国民年金に加入している人が、傷病によって障害が残った場合に受け取ることができるのが障害基礎年金です。
障害厚生年金と同じく、障害認定日に障害等級に該当する障害があれば、支給を受けることができます。

会社員にはどちらも支給される

厚生年金の加入者が受けられるのは障害厚生年金、国民年金の加入者が受けられるのは障害基礎年金です。
では厚生年金保険の被保険者であると同時に、国民年金保険の被保険者でもある会社員の場合は、どちらを受け取ることができるのでしょうか?

答えは、両方です。
ただし重複で支給を受けるには、障害等級1級か2級に該当しており、さまざまな支給条件をクリアしている必要があります。

ちなみに自営業・専業主婦・無職など国民年金のみに加入している人は、障害基礎年金のみしか受け取ることができません。

年金の受給額はどれくらい?

支給される障害年金の金額は、障害の程度によって異なります。
またどちらの年金に何年加入しているか、平均賃金月額はいくらか、何人家族であるかなどによっても違ってきますので、一概にいくら貰えると述べることはできません。
しかし障害の程度が重ければ重いほど、支給額が高くなるということだけは言えます。

なお障害レベルは、1級2級というふうに級で表されます。
1級が重度、2級が中程度、3級が軽度です。
障害厚生年金には1級、2級、3級の3つが設けられていますが、傷害基礎年金に関しては1級と2級の2つしかありません。

パニック障害の診断名では無理?

障害年金は、病気やケガにより労働が困難になった障害者に支給されるものです。
ここでいう病気とは、腎不全、癌、糖尿病、心筋梗塞、気管支喘息などの病気のほか、精神疾患も含まれています。

年金支給の対象となる精神疾患には、統合失調症、鬱病、躁うつ病、てんかんなどが挙げられますが、残念なことにパニック障害は含まれていません。
パニック障害は、精神疾患より軽症である神経症に分類されるため、というのが理由のようです。

しかしだからといって、パニック障害の人が絶対に年金を受け取れないかというとそんなことはありません。
パニック障害の場合でも、精神疾患を合併していれば受給できる可能性が高くなります。

受給できるかどうかは、医師の診断書や申立書にかかっています。
診断名が『パニック障害』のみでは無理ですが、統合失調症や躁うつ病の病態を示しており、その旨が記載されていれば認定されやすくなります。
パニック障害であるからといって請求を諦めず、医師へ相談をもちかけてみて下さい。

  • パニック障害とは - 不安神経症の一種、パニック症候群について
  • パニック障害を克服するには - 心を許せる人の支えや理解が必要です

  • 【パニック障害の基礎知識】原因や症状、なり易い人の正確をご紹介
  • 【パニック症候群になってしまったら】病院の選択や発作・家族の対処法、薬や治療法をご紹介
  • 【合併しやすい疾患】鬱病や強迫性障害などパニック障害と併発しやすい病気をご紹介
  • 【こんな病気と間違われることも】パニック障害と似ている症状・発作のある病気
  • 【パニックディスオーダーQ&A】パニック障害に関する様々な疑問を解決!
関連リンク