保険

保険金の支払いや契約はどうなる?

一般的に保険会社は、精神疾患歴のある人の加入には厳しいです。そのため、パニック障害により生命保険や医療保険に加入できなかったというケースがよくあります。
また、パニック障害やその他の病気の治療中であるにも関わらず、その事実を隠して加入する人も多いようです。

契約違反であることが保険会社に知られた場合、保険金の支払いや契約はどうなってしまうのでしょうか。
また、契約の際には必ず記入が必要な告知書とはどのようなものなのでしょうか。

パニック障害では加入はほぼ不可能

パニック障害により通院中や治療中の方は、生命保険、特に医療保険への加入はほぼ不可能です。ほとんどの保険会社には、加入を断られてしまうでしょう。パニック障害のみならず、他の病気や精神疾患の場合も同様です。

生命保険や医療保険へ加入するには、告知書への記載が必要です。
告知書の内容は、保険会社によっても商品によっても違いますが、健康状態や病歴を問う項目はほぼ必ず設けられています。
加入希望者は、この質問に正直に答えなければなりません。
多くの保険契約の告知項目は以下のようになっています。もしこれらに該当する場合、契約をすることはできません。

  • ・3ケ月以内に病院へ行き医師の診察を受けたか
  • ・2年以内の健康診断(人間ドック)で異常があったか
  • ・過去5年以内に一週間以上、投薬などの治療を受けたか

隠すと告知義務違反に該当します

もしパニック障害やその他の病気であることを隠して契約した場合、告知義務違反に該当します。
そしてそれが2年以内に保険会社に知られれば、契約を解除されてしまいます。契約を取り消されると保険金が支払われないばかりか、詐欺未遂として告発されてしまう場合もあるので注意しなければなりません。

では告知義務違反をしていても、2年経ちさえすればよいのかというとそうではありません。
保険会社の保険約款(保険会社が定める契約事項のこと)には「重大事由による解除」という定めがあるため、たとえ2年以上経過していても保険会社は契約を解除することができます。

まれに「パニック障害なのに、生保レディーから告知しなくてもよいと言われたのでその通りにした」というケースがあります。
病気であることを伏せれば加入できる、と勧められたのでしょう。
営業職員はお客さんの為、もしくは自分の成績のためにこんなアドバイスをすることがあるようです。

しかしやはり違反は違反です。
このような場合でも、もれなく告知義務違反に該当します。 何の落ち度もない契約者側にすれば納得のいかない話でしょう。
もし不満や疑問があるならば、消費者センターへの問い合わせをおすすめします。

病気が完治してから加入しましょう

なかには、通院や薬を止めてまで保険に加入したという人もいますが、これはよくありません。医師の指示もなく、個人の判断でパニック障害の治療を中止するのは大変危険です。
突然の断薬により離脱症状が表れたり、ほぼ完治に近い状態であったのに再発したりする可能性が高いからです。

保険のために病気が悪化しては本末転倒ですので、どうしても加入したければ病気が完全に治るまで待ちましょう。

  • パニック障害とは - 不安神経症の一種、パニック症候群について
  • パニック障害を克服するには - 心を許せる人の支えや理解が必要です

  • 【パニック障害の基礎知識】原因や症状、なり易い人の正確をご紹介
  • 【パニック症候群になってしまったら】病院の選択や発作・家族の対処法、薬や治療法をご紹介
  • 【合併しやすい疾患】鬱病や強迫性障害などパニック障害と併発しやすい病気をご紹介
  • 【こんな病気と間違われることも】パニック障害と似ている症状・発作のある病気
  • 【パニックディスオーダーQ&A】パニック障害に関する様々な疑問を解決!