メニエール病

原因から治療方法までを一通り解説

メニエール病は、日常生活に大きく支障をきたす厄介な病気です。
メニエール病の症状は、パニック障害をはじめとする他の病気の症状とよく似ているため、正しい診断と早急な治療が不可欠です。

発病にいち早く気付き悪化を食い止めるためにも、メニエール病とはどんな病気なのかを知っておきましょう。
原因から治療方法までを一通り解説します。

一度発病すると完治はほぼ不可能!

メニエール病は、内耳の機能が侵され、眩暈などが起こる病気です。 1861年にフランスのフロスペル・メニエールという医師がこの病気を発表したため、このような名前がつきました。
ほかにもメニエル病、メヌエル病、メニエル氏病、メニエール症候群などという呼び方がありますが、メニエール病という呼び方が一般的なようです。

メニエール病は、命に関わるほどの病気ではありません。しかし人と会話をしたり、真っ直ぐに歩いたりといった「当たり前のこと」ができなくなるため、患者さんの感じる精神的な苦痛は相当なものです。

この病気には、「これを行えば必ず治る」という治療方法がありません。 悪化しても死ぬようなことはありませんが、一度発病すると完治はほぼ不可能であるため、厚生労働省の特定疾患(難病)に指定されています。

眩暈、難聴、耳鳴りの3つが主症状

メニエール病の主症状は、眩暈、難聴、耳鳴りの3つです。

症状はまず突発的な眩暈から始まり、次いで難聴や耳鳴りが起こります。
眩暈は立っているのもやっとなほど激しく、目の前がぐるぐるまわる回転性のものです。
難聴は特に低い周波数の音を感じ取ることができなくなります。

そしてこれらの主症状に伴って、吐き気・顔色蒼白・脈が速くなる・冷や汗などの副症状が表れ、30分くらいか数時間続きます。

症状が表れると、まるで泥酔した時のように足元がフラフラし、トイレに行く事すら困難になります。
発作が治まるまでは、ただベッドに横になっていることしかできません。

すぐに治まるようであれば他の原因が考えられますが、数日もしくは数ヶ月、この症状が繰り返し起こるようであればメニエール病の疑いが強いです。

内耳の内リンパ水腫が原因です

この病気は、内耳の内リンパ水腫が原因であると言われています。

内耳とは、蝸牛・前庭・三半規管の3つから成る器官のことであり、音を神経に伝えたり平衡感覚を保ったりする役目を持っています。

これらの中はリンパ液という液で満たされているのですが、内リンパ水腫とは、この内リンパ液が通常量よりも増えすぎて、内耳が膨張してしまった状態のことをいいます。

内リンパ液の増加は、リンパ液の配給と排出のバランスが崩れることが原因ですが、なぜこのような障害が起きるのかは明らかになっていません。

しかしストレスが関係しているという説が、今ところ最も有力です。

診断、検査、治療方法などについて

メニエール病で受診すべき科は耳鼻咽喉科です。

病院では、問診のほかにグリセロールテスト、蝸電図、眼振検査、自記オージオメトリーなどのさまざまな検査を行います。
どれも重要ですが、特に聴力検査は欠かせません。
これらの検査により内耳障害が認められれば、メニエール病であると診断されます。

なお、同じく耳鳴りや眩暈が起きるパニック障害では、耳鼻科的な所見はありません。

メニエール病の治療は薬物療法が基本です。 薬には利尿剤(イソソルビド)がほぼ必ず使われますが、場合によっては、内耳の血液循環をよくする薬や、ステロイド剤、精神安定剤、ビタミンB12剤なども用いられます。

もし眩暈や吐き気により服薬が難しいときは、炭酸水素ナトリウム注射液、グリセロール、トラベルミン、制吐剤などが点滴投与されます。

  • パニック障害とは - 不安神経症の一種、パニック症候群について
  • パニック障害を克服するには - 心を許せる人の支えや理解が必要です

  • 【パニック障害の基礎知識】原因や症状、なり易い人の正確をご紹介
  • 【パニック症候群になってしまったら】病院の選択や発作・家族の対処法、薬や治療法をご紹介
  • 【合併しやすい疾患】鬱病や強迫性障害などパニック障害と併発しやすい病気をご紹介
  • 【こんな病気と間違われることも】パニック障害と似ている症状・発作のある病気
  • 【パニックディスオーダーQ&A】パニック障害に関する様々な疑問を解決!
関連リンク