自律神経失調症

パニック障害の症状との違いなど

自律神経失調症は、「検査で異常は見つからなかったけど、何となく体調が悪い」という不定愁訴が特徴の病です。
そのため、なかなか周囲の人には辛さを理解してもらえません。 「考えすぎ」「仮病では」などと言われ、簡単に片付けられてしまいがちです。

また、体のさまざまな場所に症状が表れるため、他の病気と勘違いされることがよくあります。

病院で正しく診断してもらうためにも、発病の原因や症状など、自律神経失調症に関する知識を詳しく知っておきましょう。 治療法や、パニック障害の症状との違いなども紹介します。

自律神経のバランスが崩れる病気です

内臓や血管・ホルモンの分泌など、人体の全器官の動きをコントロールしているのが自律神経です。
自律神経は交感神経と副交感神経の2つから成り、交感神経は各器官の動きを活発にする役目を、副交感神経は沈静する役目をもっています。

昼間は、勉強・運動・仕事などで活動的に過ごさなくてはならないため、交感神経が優位に働きます。
反対に夜は、体を休めて眠りやすくするために副交感神経が優位に働きます。

この2つの神経が上手く切り替わることで、私たちの体はバランスを保っているのです。
しかし何らかの理由によりこのバランスが崩れると、自律神経は正常に機能することができなくなってしまい、自律神経失調症という病気を発症してしまいます。

最も大きな原因はストレス

自律神経失調症を発症する最も大きな原因はストレスです。
忙しい現代社会において、私たちはストレスを感じない日はありません。
人間関係や仕事をはじめ、最近ではインターネットや携帯電話の普及による、テクノストレスも問題になっています。

適度なストレスは生きていく上で必要ですが、強すぎるストレスは心と体を蝕みます。
ストレスが溜まりに溜まり、その人の持っている耐性の限界を超えると、自律神経の機能に狂いが生じます。

この状態が、さまざまな体調不良の正体である自律神経失調症です。

不安感や恐怖感などの症状はありません

自律神経失調症は、さまざまな自律神経症状が表れる病気です。

下記のような症状がいくつも当てはまる場合、自律神経失調症の疑いがありますので、決してそのままにせずに病院へ急ぎましょう。

なお、パニック障害の症状と似ていることに気が付くかと思いますが、パニック障害に特有の強い不安感や恐怖感はありません。

  1. よく耳鳴りや眩暈、立ちくらみがある
  2. 左胸が痛い、または胸を締め付けられるような感覚がある
  3. 急に心臓がドキドキする
  4. 呼吸が苦しくなるときがある
  5. 頻繁に便秘や下痢をおこす
  6. 夏でも手足が冷たい
  7. 顔が火照って汗がでる
  8. 朝だるくて、なかなか起きられない
  9. いくら寝ても眠い
  10. よく悪夢にうなされる、金縛りにあう
  11. 風邪を引いていないのにセキが出る
  12. 話すときに上手く舌が回らない
  13. 肩コリや腰痛がなかなかとれない
  14. 吐き気がする、嘔吐する時がある
  15. 食欲が湧かず、体重がどんどん減る

心療内科を受診しましょう

上記のような症状が見られた場合、多くの人はまず内科を訪れます。
しかし検査を受けてもどこにも悪い所がみつからないため、そのまま「疲れているだけ」で終わらせてしまうことが少なくありません。

自律神経失調症は、気のせいなどではなくれっきとした病気です。
悪化すると日常生活に支障が出ますので、必ずあきらめずに原因を突き止めましょう。
自律神経失調症の受診に適しているのは心療内科です。 心療内科での治療は抗不安剤などを用いた薬物療法や、行動療法などが行われます。

これらの治療をきちんと受けることももちろん大切ですが、いち早く回復するためには医師との信頼関係を気付くことが大切です。
素直に心を開いて相談ができるような、自分と相性のよいお医者さんをみつけて下さい。

  • パニック障害とは - 不安神経症の一種、パニック症候群について
  • パニック障害を克服するには - 心を許せる人の支えや理解が必要です

  • 【パニック障害の基礎知識】原因や症状、なり易い人の正確をご紹介
  • 【パニック症候群になってしまったら】病院の選択や発作・家族の対処法、薬や治療法をご紹介
  • 【合併しやすい疾患】鬱病や強迫性障害などパニック障害と併発しやすい病気をご紹介
  • 【こんな病気と間違われることも】パニック障害と似ている症状・発作のある病気
  • 【パニックディスオーダーQ&A】パニック障害に関する様々な疑問を解決!