虚血性心疾患

どんな病気?狭心症と心筋梗塞

血液は全身の臓器や組織を動かすための大切なエネルギー源です。
血液なくしては体の各機能は停止してしまいますが、血液を作っている心臓もまた、血液なくしては活動することができません。

心臓に血液を運ぶ役目をもっているのは、冠動脈という血管です。
この血管にトラブルが起きると、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患を引き起こします。

胸が苦しくなるためパニック障害と診間違われ易い、狭心症や心筋梗塞とはどんな病気なのでしょうか。

胸痛などが起きたら狭心症かも

心臓を動かしているのは、心筋という筋肉です。
心筋が活動するためには、血液に含まれている酸素や栄養が不可欠です。 しかし冠動脈の硬化(動脈硬化)により、十分な血液が心筋に届かなくなると、心筋はうまく機能することができません。
すると心筋に支えられている心臓も、正常に活動ができなくなってしまいます。

このような状態になる病気が、狭心症です。 狭心症を発症すると、胸が痛くなったり、胸が締め付けられるように感じたりします。
これらの症状は、10〜15分ほどで自然に治まることが多いですが、治まったからといってそのまま放っておいてはいけません。

放置すると動脈硬化がどんどん進み、恐ろしい心筋梗塞へと移行してしまうからです。

心筋梗塞とは心筋が壊死することです

狭心症に対して何の手も打たずにいると、やがて冠動脈は完全に塞がってしまいます。
冠動脈が閉塞すると血流が止まるので、心筋は酸素や栄養を受け取ることができません。
心筋が虚血状態になると、心筋の細胞は次々と壊死していきます。 この状態が、いわゆる心筋梗塞です。

壊死が広がると、最終的に心臓は停止してしまいます。 心筋細胞は、一度壊れてしまうと二度と復活することはありません。
ですので、心停止にまで発展させないためには、狭心症の段階で動脈硬化を食い止めなければならないのです。

原因は、生活習慣病などによる動脈硬化

狭心症や心筋梗塞を引き起こすのは、動脈硬化です。
動脈硬化とは、動脈の弾力性や柔軟性が低下して血管が脆くなった状態のことであり、原因には加齢、糖尿病、高血圧、高LDLコレステロール血症、高尿酸血症、肥満、喫煙、ストレスなどが挙げられます。

乱れた生活習慣や食習慣による生活習慣病や、精神的疲労などが発病因子となっています。
狭心症や心筋梗塞を発病させないためには、これらの病気の予防や、悪化させない努力が必要です。

超音波検査や心電図検査で見分けがつく

パニック障害は、心臓がドキドキするパニック発作が起きる病気です。
そのため初診の科には内科を選ぶ人が少なくありません。
そこで異常なしと診断され、さまざまな科を転々とし、やっと専門科に辿りついたというのがよくあるケースです。

こうしてみると、内科の受診は無駄のように感じるかもしれませんが、決してそんなことはありません。
それがきっかけで他の病気が見つかることもありますし、狭心症とパニック障害の両方に罹っている可能性もあるからです。

どんな病気でも発見が早ければ早いほど治癒率が高くなりますから、 念のため受診しておくに越したことはないのです。

もし狭心症を患っていた場合は、心電図に異常がみられます。
それに対してパニック障害は、心臓病ではありませんので異常はみられません。
また狭心症を調べるのに有効な検査には超音波検査もあります。

これらの検査が、パニック障害か虚血性心疾患かを見分けるポイントと言えるでしょう。

  • パニック障害とは - 不安神経症の一種、パニック症候群について
  • パニック障害を克服するには - 心を許せる人の支えや理解が必要です

  • 【パニック障害の基礎知識】原因や症状、なり易い人の正確をご紹介
  • 【パニック症候群になってしまったら】病院の選択や発作・家族の対処法、薬や治療法をご紹介
  • 【合併しやすい疾患】鬱病や強迫性障害などパニック障害と併発しやすい病気をご紹介
  • 【こんな病気と間違われることも】パニック障害と似ている症状・発作のある病気
  • 【パニックディスオーダーQ&A】パニック障害に関する様々な疑問を解決!