PTSD

原因やパニック障害との症状比較など

過去のつらい経験を突然思い出して、苦しくなったことはありませんか?
また、思わぬ事件や事故に遭遇してから、極端に警戒心が強くなり、夜眠れなくなったりしていませんか?
もしこのような症状がみられたら、それはPTSD(心的外傷後ストレス障害)かもしれません。

PTSDを発症する原因や、誤診されやすいパニック障害との症状比較、有効とされている治療方法などを紹介していきます。

自然災害や交通事故などが原因です

心に深い傷を負ってさまざまなストレス障害を引き起こす病気のことを、心的外傷後ストレス障害と言います。
一般的には、PTSD(Post-traumatic stress disorder)やトラウマなどと呼ばれています。

PTSDは、死を意識するほど危険な目に遭ったり、人としての尊厳が踏みにじられるような体験をすることで引き起こされます。

そのような体験のことをトラウマ体験といいますが、具体的には、自然災害、交通事故、性的暴行、虐待、DV、戦争体験などがそれにあたります。

症状が1ヵ月以上続けばPTSDかも?

肉体的・精神的に強いショックを受けて、心に深い傷が残ることをトラウマといいます。
トラウマ体験の直後は落ち着いているため、一見何事もなかったかのようですが、数時間後もしくは数日後に、いきなり当時の記憶や感覚が蘇ることがあります。

もし下記のような症状が1ヵ月以上も続くようであれば、PTSDの可能性が高いです。

症状 詳細
トラウマ体験の症状 トラウマ体験の感覚が蘇る
トラウマ体験が夢にあらわれる
トラウマ体験を強く思い出す(フラッシュバック)
トラウマ体験を想起させるような状況で恐怖反応を示す
感情麻痺、記憶喪失、回避行動 トラウマ体験を想起させるような場所を避ける
トラウマを体験した当時の記憶を失う
意欲の低下や、孤独感が強くなる
感情や感覚が鈍くなる
将来の見通しができなくなる
精神的な過敏症状 なかなか眠れない、熟睡できない
イライラしたり、怒りっぽくなったりする
集中力が落ちる
警戒心が強くなる
背後の物音などの外部刺激に過剰反応する

心理療法や薬物療法で治療します

PTSDの治療は、心理療法や薬物療法で行います。

心理療法は、あいまいになっている記憶を繋ぎ合わせて再構築し、辛いトラウマ体験とあえて向き合わせるという方法で行います。
患者さんが、トラウマ体験を「あくまでも過去の出来事で、もう終わっていること」であると正しく認識し、冷静に体験談を語れるようになるまで導くのが最終目標です。

心理療法と並行して行うのが薬物療法です。
薬物療法ではSSRIをはじめ、パロキセチンやフルボキサチンなどの薬を使用します。
これらを服用すると、苦痛な症状が和らいで感情の乱れをコントロールできるようになります。

もし不眠症状が表れていた場合は、睡眠薬を処方することもあります。

パニック障害にトラウマ体験はありません

PTSDの患者さんにパニック発作がみられるときがあります。パニック障害と間違えられることがあるのはそのためでしょう。

また脳の海馬という部分の萎縮や、辛い体験をした場所を避けるという共通点があることも誤診される理由と考えられます。

しかしパニック障害には、発作が起きる背景に過去のトラウマ体験はありません。 それゆえに、フラッシュバックの症状が表れることもありません。
その点が、PTSDとパニック障害を見分ける決め手になると言えます。

ただし素人に見分けがつくほど簡単ではありませんので、必ず専門医に判断してもらいましょう。

  • パニック障害とは - 不安神経症の一種、パニック症候群について
  • パニック障害を克服するには - 心を許せる人の支えや理解が必要です

  • 【パニック障害の基礎知識】原因や症状、なり易い人の正確をご紹介
  • 【パニック症候群になってしまったら】病院の選択や発作・家族の対処法、薬や治療法をご紹介
  • 【合併しやすい疾患】鬱病や強迫性障害などパニック障害と併発しやすい病気をご紹介
  • 【こんな病気と間違われることも】パニック障害と似ている症状・発作のある病気
  • 【パニックディスオーダーQ&A】パニック障害に関する様々な疑問を解決!