ASD

ASDとの違いや治療法など

急性パニック障害とASD(急性ストレス障害)の症状は似ています。
正しく診断するには詳しく発病の原因を調べ、症状をよく観察しなければいけません。

この2つの病気は、どこがどのように違うのでしょうか。 急性パニック障害と急性ストレス障害の違いや、ASDの治療方法などを説明していきます。

一過性のストレス障害のことです

急性ストレス障害(ASD:Acute Stress Disorder)とは、精神に強いダメージを受けた後に、いろいろな神経症の症状が表れる病気のことです。
殺人事件や暴行事件など、命に関わるような事件に巻き込まれたり、ショッキングな光景を目の当たりにしたりすることで発症します。

よく心的外傷後ストレス症候群(PTSD:Post Traumatic Stress Disorder)と混同されますが、PTSDとは違って症状が消えるまでにそれほど時間がかかりません。

あくまでも一過性のストレス障害であるため、最低でも数時間、長くても1ヵ月以内には自然に治ります。

フラッシュバックなどの症状が表れる!

ASDの主な症状は、追体験(フラッシュバック)・回避・過覚醒の3つです。それぞれの詳細は以下を参考にしてください。

追体験(フラッシュバック)

ASDの代表的な症状が、追体験(フラッシュバック)です。
追体験とは、トラウマとなる出来事を経験した後に、とつぜん当時の記憶が蘇ってくることを言います。

その時に見た景色や光景が思い出されるだけでなく、その時に感じた恐怖、怒り、悲しみ、羞恥などの感情もはっきりと蘇ります。

回避

トラウマに関係のある事柄を忌避するようになるのが回避です。
たとえば車に跳ねられて大ケガを負った人は、事故現場を避けて通るようになったり、それについての会話を避けるようになったりします。

無理にその場所に行ったり話をしようとしたりすると、大変な恐怖や苦痛を感じます。

過覚醒(覚醒亢進)

過覚醒(覚醒亢進)とは、神経が高ぶった状態が長く続くことを言います。
私たちは刺激を受けると、いわゆるテンションが上がった状態になりますが、普通であればしばらくすると元に戻ります。

しかしASDの場合は、なかなかその状態から元に戻ることができません。 常に体が強張って、夜眠れなくなったり、ちょっとしたことに敏感に反応するようになったりします。

追体験があるかどうかが診断のポイント

ASDは、過去のトラウマ体験が蘇ってパニックを起こすこともある病気です。
そのため、急性パニック障害のパニック発作と間違えられてしまうことがあります。

しかしこの2つは全く別の病気であり、治療方法も似ているとはいえ同じではありません。
正しく診断するためには、フラッシュバックの有無を確認することがポイントとなります。 急性パニック障害は、ASDとは違って過去の恐怖体験が蘇るようなことはありません。

あえてトラウマ体験を思い出させて治す?

急性ストレス障害は、薬物療法と心理療法により治療します。
薬には、気分を落ち着かせる作用のあるSSRIなどが用いられますが、これはパニック障害でもよく使われている治療薬です。

医師やセラピストによるカウンセリング(サイコセラピー)を行うのが心理療法です。
カウンセリングやセラピーと聞くと、「不安や恐怖を無くしてくれる」というイメージがありますが、ASDの心理療法の目的は恐怖体験の消去ではありません。

治療は、苦痛なトラウマ体験をあえて思い出させるという意外な方法で進めていきます。

嫌な記憶から逃げずに向き合い、あくまでも「過去の終わった出来事」であることを認識させ、患者さん自身の力で乗り越えていくように導くのが目的です。

  • パニック障害とは - 不安神経症の一種、パニック症候群について
  • パニック障害を克服するには - 心を許せる人の支えや理解が必要です

  • 【パニック障害の基礎知識】原因や症状、なり易い人の正確をご紹介
  • 【パニック症候群になってしまったら】病院の選択や発作・家族の対処法、薬や治療法をご紹介
  • 【合併しやすい疾患】鬱病や強迫性障害などパニック障害と併発しやすい病気をご紹介
  • 【こんな病気と間違われることも】パニック障害と似ている症状・発作のある病気
  • 【パニックディスオーダーQ&A】パニック障害に関する様々な疑問を解決!