過敏性腸症候群

原因や症状が起きるメカニズムなど

過敏性腸症候群(IBS)は珍しい病気ではありません。実は日本人の10〜20%は、この病気を持っていると言われています。
また、パニック障害の人はかなり高い確率でこの病気を併発することがわかっています。

現代に蔓延している病気、過敏性腸症候群は何が原因で発病するのでしょうか。
症状が起きるメカニズムや治療方法、パニック障害との関係などもお教えします。

タイプは下痢型・便秘型・混合型の3つ

過敏性腸症候群とは、ストレスや緊張を感じるとお腹が痛くなったり、下痢や便秘を繰り返したりする病気のことです。

IBS(Irritable Bowel Syndrome)の名でも知られており、症状の表れ方によって下痢型、便秘型、混合型の3タイプに分けられています。

下痢型

緊張やストレスを感じると、必ずといってよいほどお腹が痛くなり、下痢を起こすのが下痢型です。
電車やバスなどの乗り物に乗ると、一駅ごとに降りてトイレに行かずにはいられない、というケースがよくみられます。

便秘型

何日も、または何週間もお通じがないのが便秘型です。どちらかというと、男性よりも女性に多い傾向があります。
頑張って排泄しても、うさぎの糞のようなコロコロとした硬い便しか出すことができません。

混合型

混合型は下痢と便秘の両方が起きるタイプであり、不安型とも呼ばれます。
2つの症状が入れ替わり起こり、その状態が1ヵ月以上続くようであれば、IBSの可能性が高いです。

その他

下痢や便秘以外に、腹痛、腹部膨満感、腹部の不快感、オナラが多い、残便感、胃のムカつき、食欲不振、よくゲップが出る、吐き気、嘔吐などの症状もよくみられます。
またこれらの他にも、不眠や抑うつなどの精神症状や、頭痛や肩コリなどの全身性症状が表れる場合もあります。

下痢や便秘が起きるメカニズム

過敏性腸症候群(IBS)を発症する原因は強いストレスです。ストレスがどのように胃腸に影響を与え、下痢や腹痛などを引き起こすのか、そのメカニズムを説明しましょう。

まず脳がストレスを感じると、その信号は腸に伝わって、腸の粘膜からセロトニンが分泌されます。セロトニンは、心を落ち着かせたり、消化管を活動的にしたりする物質であり、全体の約90%は腸内にあると言われています。 しかしセロトニンの分泌量が多すぎると、腸を過剰に刺激してしまうため、腸は正常な蠕動運動を行うことができません。 腸の機能に狂いが生じた結果、腹痛や下痢といった症状が表れるのです。

また腹痛や下痢がさらなるストレスとなって、セロトニンが過剰に分泌され、また腸が刺激されるという悪循環が生まれてしまうこともあります。

ライフスタイルの改善などで治る!

「もともと胃腸が弱い体質だから仕方がない」と諦めている人がいるようですが、IBSは治らない病気ではありません。
医師の指導のもときちんと治療すれば、必ず改善できます。

IBSの治療はまず、食事療法や運動療法が行われます。 具体的には、暴飲暴食を止める、朝食・昼食・夕食を決まった時間に摂る、適度な運動によりストレスを解消する、などのライフスタイルの改善です。

これらを行っても効果がみられなければ、薬物療法が行われます。最近では、セロトニン3受容体薬という有効な治療薬が登場しました。
この薬には、セロトニンがセロトニン3受容体と結合するのを防ぎ、腸の運動異常を起こさせない作用があります。

服用するとストレスを受けても下痢や腹痛などが起こらないため、症状がさらにストレスを生むという悪循環を断ち切ることができます。

自分なりのストレス解消法を見つけよう

パニック障害研究センターの調べにより、パニック障害者の約40%は過敏性腸症候群を併発していることがわかっています。

患者さんは繰り返されるパニック発作などによって、常に不安や強いストレスを感じているためでしょう。
ストレスは自律神経を乱すばかりでなく、腸の機能をも狂わせてしまいます。

どちらもストレスが原因で発症する病気ですので、休日は仕事を忘れて趣味を楽しむ、家族や友人と語り合うなど、自分なりのストレス解消法を見つけることが予防に繋がるということを知っておいて下さい。

  • パニック障害とは - 不安神経症の一種、パニック症候群について
  • パニック障害を克服するには - 心を許せる人の支えや理解が必要です

  • 【パニック障害の基礎知識】原因や症状、なり易い人の正確をご紹介
  • 【パニック症候群になってしまったら】病院の選択や発作・家族の対処法、薬や治療法をご紹介
  • 【合併しやすい疾患】鬱病や強迫性障害などパニック障害と併発しやすい病気をご紹介
  • 【こんな病気と間違われることも】パニック障害と似ている症状・発作のある病気
  • 【パニックディスオーダーQ&A】パニック障害に関する様々な疑問を解決!
関連リンク