薬

病院で処方される薬は主に2種類

パニック障害の治療薬として病院より処方されるのは、主に抗うつ薬と抗不安薬の2種類であり、SSRIやデパスなどの薬がそれにあたります。
それぞれにメリットとデメリットがあり、症状や状況に応じて使い分けがされています。 SSRIやデパス、またそれ以外の効うつ薬と効不安薬について解説しましょう。

抗うつ薬“SSRI”について

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)とは、現在パニック障害の治療薬の主流となっている薬であり、パニック発作を抑える効果があります。

この薬には、不安を抑えたり、平常心を保ったりする神経伝達物質セロトニンが、元の細胞に再吸収されるのを防止し、結果的にセロトニンの濃度が濃くなるよう作用する成分が含まれています。

副作用が少ない上に、依存性がないというメリットがありますが、効果が表れるまでに長い時間がかかります。
少なくとも2週間〜1ヶ月、人によっては2〜3ヶ月後にやっと効き目が感じられる場合があるので、焦ってはいけません。

副作用は少ないですが…

副作用は少なめですが、飲み始めの時期には、吐き気や眠気、眩暈などの症状が表れることもあります。
そんな時は、様子を見ながら少しずつ飲む、胃腸薬と一緒に飲むといった対処をすれば、ほとんどは解決できます。

また長く服用すると、まれにですが性機能障害や肥満の副作用が出る場合もあります。

ちなみに飲み始めてすぐに副作用が出た人は、断薬のときにも副作用が出る傾向があるようです。そのため減薬をするのであれば、必ず医師の指示に従って行うことが大切です。

抗不安薬“デパス”について

デパスとは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬の一種です。
いろいろな精神神経疾患の治療薬のなかでも特に有名なので、聞いたことがある人は多いでしょう。

デパス錠は、神経の興奮や不安を鎮めてくれる神経伝達物質、GABAの活性を高める働きを持ったエチゾラムを主成分とした薬です。
速効性があるため、パニック発作が起こった時点で飲んだり、広場恐怖を感じたときに服用したりする、といった使い方ができます。

ただし副作用が表れやすく、耐性や依存性などのデメリットもあります。

副作用、耐性、依存性がある!

よくみられる副作用は、眠気・ふらつき・攻撃性が強くなる・動作が緩慢になる・不器用になる・記憶力が落ちる・注意力の低下などです。

また、抵抗力がついて薬の効きが悪くなる耐性や、飲み続けると止められなくなってしまう依存性もあります(人によっては平気な場合もあります)。

しかしだからといって、いきなり服用を中止してはいけません。症状の再発や、吐き気・耳鳴り・痙攣といった離脱症状が出ることがあるからです。
薬が合わないと感じたら、時間をかけて少しずつ減量していくことが大切です。

他にもこんな薬があります

抗うつ薬と抗不安薬は、SSRIとデパスだけではありません。他にも以下のような薬があります。それぞれどんな症状に効果があるのかも紹介しましょう。

種類 一般名 商品名 効果
パニック発作 予期不安 広場恐怖 うつ状態
SSRI ・パロキセチン
・フルボキサミン
 
・セルトラリン
・パキシル
・デプロメール
・ルボックス
・ジェイゾロフト












SNRI
※SSRIの次世代抗うつ薬

・ミルナシプラン ・トレドミン
三環系抗うつ薬 ・イミプラミン
 
・クロミプラミン
・トフラニール
・イミドール
・アナフラニール








その他の抗うつ薬 ・スルピリド
 
 
・マプロチリン
・ドグマチール
・ミラドール
・アビリット
・ルジオミール












ベンゾジアゼピン系不安薬
(短期作用性)
・エチゾラム
・クロキサゾラム
・ブロマゼパム
・ロラゼパム
・アルプラゾラム
 
・デパス
・セパゾン
・レキソタン
・ワイパックス
・コンスタン
・ソラナックス




















ベンゾジアゼピン系不安薬
(中期作用性)
・プラゼパム
・フルジアゼパム
・クロナゼパム
 
・セダプラン
・エリスパン
・リボトリール
・ランドセン












ベンゾジアゼピン系不安薬
(長期作用性)
・ロフラゼプ酸エチル
・フルトプラゼパム
・メイラックス
・レスタス




β遮断薬 ・プロプラロール
・ピンドロール
・カルテオロール
・ポピンロール
・インデラル
・カルビスケン
・ミケラン
・サンドノーム












☆:非常に効果的 ◎:効果的 ○:やや効果あり −:効果なし ?:不明

  • パニック障害とは - 不安神経症の一種、パニック症候群について
  • パニック障害を克服するには - 心を許せる人の支えや理解が必要です

  • 【パニック障害の基礎知識】原因や症状、なり易い人の正確をご紹介
  • 【パニック症候群になってしまったら】病院の選択や発作・家族の対処法、薬や治療法をご紹介
  • 【合併しやすい疾患】鬱病や強迫性障害などパニック障害と併発しやすい病気をご紹介
  • 【こんな病気と間違われることも】パニック障害と似ている症状・発作のある病気
  • 【パニックディスオーダーQ&A】パニック障害に関する様々な疑問を解決!