原因

発症のメカニズムなどを紹介

喜怒哀楽を感じる場所は、心臓ではありません。
よく私たちは心が痛い時や心が苦しいとき、心臓をおさえるジェスチャーをとりますが、実際にそれらの感情を生じさせているのは心臓ではなく“脳”です。
心の病であるパニック障害には、実は脳の機能が大きく関係しています。そのため最近では、パニック障害は心の病ではなく脳の病気であると考えられるようになっています。

では脳にどんなことが起きると、この病気を発症してしまうのでしょうか。 発病の原因や、発病のメカニズムを解説していきます。

この病気は遺伝病ではありません

パニック障害を発症する前に、ストレスが溜まっていたというケースがたいへん多くみられます。
私たち人間が生きていく上で多少のストレスは必要ですが、それがあまりに強い場合は、健康を害したり、脳の機能に影響を与えたりしてしまいます。

この病気は遺伝すると思っている人が多いようですが、パニック障害は遺伝病ではありません。
両親からこの病気の遺伝子を受け継いで、パニック障害を発病したという研究報告は今のところありません。
ストレスに弱い体質を受け継ぐことはありますが、それだけでパニック障害を発病するとは限らないのです。

パニック障害は遺伝ではなく、ストレスを感じやすい性格に、後天的な外因(人間関係や仕事など)が加わることが原因であると言われています。

脳内の警報システムが誤作動する!

ストレスを感じる場所は脳です。あまりに強いストレスを受けると、脳のさまざまな機能に狂いが生じてしまい、パニック障害のパニック発作を引き起こしてしまいます。

ストレスがどのように発作を生じさせるのか、そのメカニズムを説明していきましょう。

青斑核が誤作動を起こす

人間の脳は、大まかに大脳・小脳・脳幹の3つからできています。
このうちパニック障害に関係しているのは、大脳の下にある脳幹と呼ばれる部分です。

脳幹は生命の維持を司っている大切な部分であり、ここが破壊されると私たちは生きていくことができません。
脳幹は細長い形をしており、延髄、橋、中脳、間脳の4つから構成されています。

このうち橋には、不安が生じたり不安を感じたりする青斑核という神経核が存在しています。ここは命の危険を察知するための、警報のような役割を果たしている場所です。
パニック発作が起きるのは、ここが誤作動を起こすためであると言われています。

ノルアドレナリンが分泌される

脳がストレスを感じると、ノルアドレナリンという物質が分泌されます。ノルアドレナリンは、交感神経を興奮させる神経伝達物質の一種です。
ノルアドレナリンが出ると青斑核が刺激され、その刺激は大脳辺縁系と呼ばれる場所にやってきます。

大脳辺縁系は、怒り、不安、恐怖などの感情をキャッチする部位です。
青斑核が強いストレスにより誤作動を起こすと、ノルアドレナリンの分泌は止むことがありません。すると大脳辺縁系は、頻繁に不安や恐怖などの情報を受け取ることになります。

パニック発作が起きる前に、強い不安や恐怖を感じるのはこのせいです。

自律神経(交感神経)が乱れる

ノルアドレナリンによって感じた不安は、さらに視床下部へと伝わっていきます。視床下部は、内臓機能や内分泌機能をコントロールする自律神経を司っている部位です。

自律神経は、交感神経と副交感神経の2つから成る神経であり、ノルアドレナリンは交感神経に作用する物質です。
交感神経が過剰に刺激されると、副交感神経とのバランスが崩れてしまいますので、動悸や呼吸困難といったいわゆるパニック発作の症状が表れます。

  • パニック障害とは - 不安神経症の一種、パニック症候群について
  • パニック障害を克服するには - 心を許せる人の支えや理解が必要です

  • 【パニック障害の基礎知識】原因や症状、なり易い人の正確をご紹介
  • 【パニック症候群になってしまったら】病院の選択や発作・家族の対処法、薬や治療法をご紹介
  • 【合併しやすい疾患】鬱病や強迫性障害などパニック障害と併発しやすい病気をご紹介
  • 【こんな病気と間違われることも】パニック障害と似ている症状・発作のある病気
  • 【パニックディスオーダーQ&A】パニック障害に関する様々な疑問を解決!