10.9.22
・掲示板を設置しました。パニック障害の情報交換の場としてご活用下さい。
・パニック障害の関連サイト様を7件追加いたしました。また自動相互リンク登録ページを設置いたしました。
10.9.22
パニック障害119を公開いたしました。
パニック障害・発作の悩みを解決!

原因・症状・診断・治療法・合併症など

パニック障害は、たいへんな精神的苦痛を伴う病気であり、はっきりと自覚症状があるにも関わらず、認知度が低いために、なかなか周囲からの理解や協力を得ることができず、単なる気のせいなどで片付けてられてしまうことの多い病気です。

発病にいち早く気付いて診療に適した科ににて適切な治療を受けるためには、身近な人の支えや配慮がとても重要であり、あらかじめこの病気の存在を知っておく必要があります。

また悪化や合併症を防ぐためには、本人がこの病気にかかったことをきちんと自覚して、治療に真剣に取り組まなければなりません。

発病の原因や症状、診断や治療の方法、併発しやすい疾患や誤診されやすい病気など、パニック障害に関する幅広い知識を紹介していきます。

原因はストレスや脳の機能異常?

いつも元気に過ごしているつもりでも、知らず知らずのうちに心の奥に蓄積されているもの、それがストレスです。それがいつか火山のように爆発したら、どんなに丈夫な人でも無事ではいられません。

ストレスは私たちの健康を害し、パニック障害などの病気を引き起こします。

なおストレスを感じ取っている場所は、思考や感情を司る脳です。

パニック障害には脳の機能異常が深く関係しているのですが、どのようなメカニズムでパニック発作などの症状が表れるのでしょうか?

正しい診断にはDSMやICDが必要

パニック発作は、過呼吸症候群や狭心症、自律神経失調症などの症状と間違われることがよくあります。
症状を観察しただけでは、それがパニック障害によるものであると特定することはできません。

正しく診断するためには、診断基準となるものが必要です。

それが世界的に用いられている精神疾患診断のガイドライン、DSMとICDです。
パニック障害と思われる方は、これらに基づいた診断を行っている心療内科や精神科へ急ぎましょう。

治療には薬物療法や行動療法が有効

パニック障害の悪化を食い止め、不安と発作の悪循環を断ち切るには、薬物療法や行動療法が有効です。
どちらも重要ですが、特に薬物療法は欠かせません。
よく脳への悪影響や副作用を心配して、服薬を中断する人がいますが、これは絶対にしてはならないことです。

今まで治まっていたパニック発作が再び蘇り、治療のやり直しになってしまうからです。

薬に抵抗を感じる気持ちはわかりますが、きちんと飲み続けなければ、いつまで経ってもよくならないばかりか、病気がどんどん進行してしまいます。

また、一見荒療治のように見える行動療法をきちんと実行することも大切です。
パニック障害は1人で治すことのできない病気ですが、完治できるか否かは、やはり本人の努力にかかっていると言えます。

合併症のなかでも鬱病には要注意!

パニック障害に鬱病が合併するケースがよくみられます。
アルコール依存症やIBSなどの病気が合併するケースもありますが、圧倒的に多いのは鬱病です。

鬱を併発すると、パニック障害単体のときよりも自殺率がぐんと高くなるので、周囲の人は接し方に注意する必要があります。
決して責めたり批判したり、無視して孤立させるようなことをしてはいけません。

心の病気は本人の気の持ちようだけでなく、周囲の対応の仕方も重要なのです。

  • 【パニック障害の基礎知識】原因や症状、なり易い人の正確をご紹介
  • 【パニック症候群になってしまったら】病院の選択や発作・家族の対処法、薬や治療法をご紹介
  • 【合併しやすい疾患】鬱病や強迫性障害などパニック障害と併発しやすい病気をご紹介
  • 【こんな病気と間違われることも】パニック障害と似ている症状・発作のある病気
  • 【パニックディスオーダーQ&A】パニック障害に関する様々な疑問を解決!

相互リンクをご希望の場合はこちらよりご連絡お願いします。

コピー&ペースト用コード